デスクワーカーに多い首肩のしびれ・コリ・痛みの問題。

痛み全般

首や肩、腕の筋肉のコリやダルさに疲れ、そして痛みや痺れがある場合は頸肩腕症候群かもしれません。

頸肩腕症候群とは

頸肩腕症候群とは原因が明確ではない疾患群であり、その名の通り、首・肩・腕までに症状が及ぶ疾患です。

若い女性やデスクワーク従事者に多いことが知られています。

考えられる要因としては、デスクワークのように長時間同じ姿勢で手を動かしたりすることや、肉体労働による身体的なストレス、仕事上で人付き合い上の精神的なストレスなども原因になるとされています。

治療法は?

治療法は、温めること、適切な運動を施すことが効果的だと言われています。

これらには筋肉や神経を落ち着かせるだけでなくストレス解消にも役立つため症状を緩和することに繋がります。

特にこれをしなければならないという運動はありません。

姿勢の改善、精神的なストレスの解消、筋組織動態の改善、血流の改善などが図れる運動を積極的に行っていきましょう。

頸肩腕症候群に似た症状

頸肩腕症候群と似た症状に「胸郭出口症候群」や「四辺形間隙症候群」があります。

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群は血行障害を伴うため指先の冷感や脈の減衰、手の筋の萎縮、皮膚動態の変化などが併発するという特徴があります。

四辺形間隙症候群

四辺形間隙症候群は肩、腕、手の主に背面にかけてのしびれや筋の萎縮などが起こります。

どちらの症状も特定の神経の圧迫を伴うため、痛みやしびれだけでなく筋の萎縮が現れるのが特徴です。

もし頸肩腕症候群のようであっても筋肉がそれまでと違う感じであれば、これらを疑って診断を受けてみることをオススメします。

並行して運動や徒手療法での改善も行っていきましょう。

パーソナルトレーニングではどう対応する?

原因となる不良姿勢の改善は欠かせません。

それに加えてデスクワーク姿勢までアプローチしていくのが理想です。

立位時はもちろんのこと座位時の頭部前方位や顎関節、舌のポジションなどに介入します。

座位時の骨盤・脊柱ポジショニングにもアプローチしていきます。

過剰な筋緊張や血流の不足があるでしょうから局所的にも全体的にも血流の改善を考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをRe205はトレーニングとボディケアで改善していきます!

肩・首の痛みに悩んでいる方はぜひトレーニングやボディケアを受けてみてください!

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました