小児期に訪れる成長痛

痛み全般

小児期に突如訪れる骨や関節の痛み。

いわゆる成長痛は、成長が完了するまでには完治する、明らかな異常を伴わない反復する痛みで、児童の3人に1にみられる疾患です。

小児の成長痛の特徴とは

痛み自体は不定期に訪れますが反復性があるため、夜間に起こると睡眠が妨げられることも少なくありません。

痛みはおおよそ1時間程度で治まるケースが多いようです。

痛みが続く場合は成長痛ではない可能性

したがって、痛みが長時間続いたり、明らかな異常が見られる場合には成長痛ではない可能性が高いと言えます。

精神的なストレスも影響するのが成長痛

また、精神的なストレスも成長痛に関係しているとされており、単に痛みを緩和させる処置だけでなく、保護者による精神的なケアなども必要だと言われています。

成長痛が起こる理由とは

成長痛の原因としては、まだまだ発達していない脚(主に膝)に過度な運動ストレスが加わったこと、成長期に起こる下肢の変形、精神的なストレスなどが考えられています。

さらに、成長痛を終えた子どもとの比較によると、成長痛を抱える子どもは痛みに対する感受性が高く、少しのダメージで痛みを感じてしまうことが分かっています。

したがって痛みやすいが故に感じる、骨の成長に伴う筋の引っ張りによって起こる痛みであることが分かります。

オスグッド・シュラッター病とは

オスグッド・シュラッター病(オスグッド)も一般的に見られる成長期のスポーツ障害として知られています。

膝関節に起こる成長痛ですが、膝周辺の熱感や腫脹や骨の隆起などが起こります。

骨の成長に伴う筋の引っ張りによる痛みではありますが、筋や腱の硬さやジャンプやダッシュの繰り返しによるダメージが引き起こすものであるため、特にスポーツに従事している児童は下肢のストレッチなど十分なケアが必要です。

成長痛の治療法

基本的にはストレッチングを継続的に行うこと、精神的なケアを行う(たとえば親御さんが患部をさすってあげるということでもかまいません)こと、オスグッドのような炎症性の症状であれば炎症に対する処置が必要です。

普段スポーツを行っている児童は痛みが改善してもストレッチングを継続すること、痛みに伴う動作の変化まで改善することまで含めて治療にあたっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをRe205はトレーニングとボディケアで改善していきます!

成長痛に悩んでいる方はぜひトレーニングやボディケアを受けてみてください!

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました