朝目覚めて首が痛いときは急性斜頸症候群かもしれません。

痛み全般

朝、目覚めるとなぜか首が痛い。

そうすると、ほとんどの場合に「寝違え」だと思われるかもしれません。

しかし、もしかしたらそれは急性斜頸症候群かもしれません。

急性斜頸症候群とは

急性斜頸症候群とは、これといった原因がなく生じ、首の片側に痛みとこわばりを引き起こします。

一般的に「これをしたから起きる」というものはありません。

重たい物を持ったり普段の姿勢が悪かったり

しかし、前日になにか重いものを持つなど、腕や肩に力が入るようなことをすると、それらの筋肉が付着する頸椎付近で捻挫が起きることがあります。

その結果、朝目覚めると首のコリや痛みを感じ、首を捻ったり、傾けたりする際に制限を感じるようになります。

部位によって症状が違う

この急性斜頸症候群は、問題箇所がある程度鑑別できるという利があります。

頭を前に倒すと痛む=頸椎上部

たとえば首を捻る傾ける、とともに頭を前に倒す場合に痛みや制限を感じるときは頸椎の上部に問題が起きています。

頭を後ろに反らすと痛む=頸椎下部

反対に頭を後ろに倒す場合に痛みや制限を感じるときは頸椎の下部に問題が起きています。

あくまでも痛みは首に現れる

急性斜頸症候群の痛みは、あくまでも首だけに現れるもので、もしそれ以外の部分に同じような痛みが出ているときは、別の障害を考えましょう。

なぜなら、急性斜頸症候群は神経由来の痛みではなくその部位に軟部組織の損傷だからです。

首を超えて痛む場合は神経の問題の可能性

それ以外の部位にも首と同様の痛みが続くときには神経由来の可能性が高いと言えます。

治療に関して

急性斜頸症候群は読んで字の如く、急性の損傷です。

したがって安静にしていれば徐々に緩和していきます。

しかし、慢性的な肩コリや首コリ、そして姿勢の悪さと非常に強く関連しているため、根本的な問題を解決しない限りは、何度も引き起こされてしまうと考えてよいでしょう。

したがって、まずは姿勢改善からあたっていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをRe205はトレーニングとボディケアで改善していきます!

首の痛みに悩んでいる方はぜひトレーニングやボディケアを受けてみてください!

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました