上腕二頭筋長頭腱に生じる問題とは

肩の痛み

40歳を過ぎたあたりから好発する肩の痛み。

五十肩ないし四十肩と呼ばれる肩関節周囲炎ですが、上腕二頭筋長頭腱炎や損傷も広義にはそのひとつとなります。

上腕二頭筋とは?

上腕二頭筋は、腕の太さを象徴するような、力こぶを作るときに盛り上がる筋肉です。

上腕二頭筋は二頭というように二股に分かれています。

そのうち一方の上腕二頭筋長頭は肩内部に腱となって付着します。

上腕二頭筋の特徴

上腕二頭筋長頭腱は、肩内部を走行する際に狭いトンネルを通りますが、そのトンネルは構造上、摩擦が起こりやすいという特徴があります。

そうした構造上ストレスが起こりやすい条件と基本的にどの生活活動にも上腕二頭筋が働きやすいという特徴が重なり、上腕二頭筋腱炎や腱鞘炎、ときには断裂が発生します。

上腕二頭筋長頭腱炎

上腕二頭筋長頭に限らず、腱の変性は40代以降加速するため、特に発生頻度が高くなります。

主に腕を上げたり捻ったりという動作を繰り返す職業やスポーツに従事している人が変性しやすくなります。

痛みを我慢して重症化するケースも

上腕二頭筋長頭腱炎や腱鞘炎の症状としては、力を入れるときや腕を動かす際の痛みがありますが、放置すると腱脱臼や腱断裂まで発展するため注意が必要です。

上腕二頭筋長頭腱の脱臼や断裂

姿勢不良や筋肉の硬さがある場合に起こる

上腕二頭筋長頭腱に問題があったり、肩の運動に異常がある際には肩甲骨周辺の靭帯や筋肉まで問題が波及することがあります。

その結果、肩甲骨周辺の靭帯が損傷し上腕二頭筋長頭腱が脱臼、断裂することがあります。

強いストレスがかかった場合にも起こる

他には、重たい物を持った際に上腕二頭筋が腱の能力を超えて活動したり、上腕二頭筋に強いストレッチがかかった際に発生リスクが高まります。

症状

症状としては、断裂音とともに激痛を伴い、腫脹と上腕に皮下出血が見られます。

さらに上腕二頭筋の筋の膨らみが肘側に移動し、腫瘤のように膨隆します。

経過

損傷の初期は痛みのため肘を曲げる力や握力が低下し、夜間の疼痛も出現します。

おおよそ2~3週間で痛みは軽減し、筋力低下はある程度回復します。

治療

治療としては、症状は時間とともに軽減し、機能障害を残すことも少ないですが、スポーツ活動や上腕を使用することが多い若年者は手術等も考えましょう。

手術を行うときもそうじゃないときも、肩の動きや姿勢改善などを行っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをRe205はトレーニングとボディケアで改善していきます!

上腕二頭筋の痛みに悩んでいる方はぜひトレーニングやボディケアを受けてみてください!

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました