上腕骨内側上顆炎 -ゴルフ肘-

痛み全般

上腕骨内側上顆炎は、使いすぎによって起こる代表的なオーバーユース症候群のひとつです。

ゴルフをしている人に好発するためゴルフ肘とも呼ばれます。

上腕骨内側上顆炎 -ゴルフ肘とは-

上腕骨内側上顆、つまり肘の内側の部分は、手首・指の筋肉の出発点となります。

握る動作や肘を曲げ伸ばしする動作に関連しているため、これらの動作が繰り返されると肘内側の炎症、上腕骨内側上顆炎へと発展します。

症状

肘の内側や前腕にかけて疼痛や圧痛があります。

炎症性であるため腫脹や熱感も起こります。

原因

基本的には手首・前腕の筋肉の使いすぎが原因となりますが、腱の加齢変化も影響します。

単純な使いすぎだけでなく、無理なフォームでのゴルフやテニス動作による損傷も考えられます。

好発する対象

年齢は20〜60歳代と広範に起こります。

スポーツはゴルフやテニス、野球などに好発します。

また手首を捻ったり肘を曲げ伸ばしする職業にも起こります。

治療法

スポーツを一時休養して安静にしておきましょう。

その他アイシングなどの炎症処置、手関節や前腕・肘のストレッチ、徒手療法などが行われます。

痛みが強い場合は、NSAIDsの投与・ステロイドの局所注射などを行います。

診断

立った状態または座って、前腕を外に捻ったまま手首と肘関節を伸ばして肘内側に痛みが生じれば陽性となります。

鑑別

同じく肘関節の痛みを起こすものに、

・肘・前腕の外側が痛む同じくオーバーユース障害の上腕骨外側上顆炎(テニス肘)
・主に成長期に起こる肘内側が痛む野球肘
・関節の加齢変化による変形性肘関節症
・手の小指側にしびれなどが現れる肘部管症候群

などがあります。

改善のためには

原因の特定

たとえゴルフ肘が完治しても、使いすぎやフォームの崩れ、筋バランスなど潜在的なリスクを未解決のままです。

したがって原因の特定をしていく必要があります。

スイング動作において、手や前腕は下半身や体幹、それらの運動連鎖の不具合が影響している可能性もあります。

したがって患部以外にも目を向けていきましょう。

特に「手打ち」と呼ばれる場合には下半身の筋力や体の使い方の問題である場合が多いようです。

継続的なストレッチやトレーニング

フォームに問題がなくても局所的に強い筋緊張があったり筋のアンバランスがあると、潜在的なリスクとなりえます。

腱の加齢変化が起きている場合はなおさらです。

継続的にストレッチを行うことで筋の問題を解決し、腱周辺の組織柔軟性を回復させ、トレーニングなどで筋バランスや腱弾性力を改善させていきましょう。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これらをRe205はトレーニングとボディケアで改善していきます!

肘の痛みに悩んでいる方はぜひトレーニングやボディケアを受けてみてください!

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました