痛みを引き起こす発痛物質「ブラジキニン」

痛み全般

痛みの元「発痛物質」

痛みは、痛覚の受容体に痛みを引き起こす物質が結合することが原因で起こります。

つまり発痛物質は痛みの元だと言えます。

その中でも代表的なのがブラジキニンです。

発痛物質には、ブラジキニン、ヒスタミン、セロトニン、アセチルコリンなどがありますが、その中でブラジキニンは最も強力とされています。

ブラジキニンやプロスタグランジン

ブラジキニン

ブラジキニンには、B1とB2のふたつの受容体があります。

B2受容体はからだじゅうの組織に常に存在しており、組織の損傷や炎症が起こるような状況でブラジキニンに反応し、身体に痛みや浮腫を引き起こします。

B1受容体は健常組織には存在しませんが、組織損傷や炎症などが起こることによって現れる受容体です。

作用は、炎症反応の維持やそれに伴う痛みに関与しているとされています。

炎症症状の共通点

疼痛や発熱など炎症により起こる症状はさまざまですが、それぞれには共通点が存在します。

それは炎症のどの症状にもプロスタグランジンという物質が関与していることです。

たとえば切り傷や擦り傷などで細胞が傷ついたとします。

このとき、細胞内からはブラジキニンやヒスタミンなどの発痛物質が放出されます。

これらの発痛物質は痛覚の受容体に結合することで痛みのシグナルが神経を伝わります。

痛みの神経シグナルは脊髄や視床を経由して最終的に大脳に伝わり、ここでようやく痛みを知覚します。

つまり、痛みは怪我をした部位で感じるのではなく、そこから発せられる神経シグナルが脳に届くことによってはじめて感じるのです。

ここに関わっているのがプロスタグランジンです。

プロスタグランジン

プロスタグランジンは、神経へと伝達される痛みのシグナルを強める働きを持ちます。

さらに痛みだけでなく、発熱やその他の炎症シグナルをも強めています。

たとえば病気のときには熱が出ますが、これはプロスタグランジンが視床下部の体温調節中枢に作用して平熱を高めに設定し体温を上げることで、細菌やウイルスに対抗しているのです。

プロスタグランジンのさまざまな作用

プロスタグランジンはさまざまな働きをもっています。

その役割は筋の収縮から月経に至るまで多くの生体反応に関わっています。

プロスタグランジンはとても大事な物質ですが、細胞が強い刺激を受けたときだけ放出されるという点で、ふつうの生理活性物質とは違います。

鎮痛薬もプロスタグランジンを抑える

イブプロフェンやアスピリンはこのプロスタグランジンの産生を抑制する作用を持ちます。

したがって痛みそのものというよりも痛みを増幅させるシグナルを抑制していると考えていいでしょう。



痛みは嫌なものですが、これらは決して意味のないものではなく炎症や損傷の治癒を促進させるために伴うものです。

これらのメカニズムを知っておくとその後の処置などに役立ちます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出張トレーニング・出張コンディショニング可です!

メールや文章を使った指導も行っています!

トレーニング/ボディケアの予約・お問い合わせはコチラから。

その他、痛みやトレーニング、健康に関するご質問も受け付けています!

オンラインパーソナルについてはコチラから

コメント

  1. […] 血流が制限されると発痛物質が蓄積するとともに産生されるため新たな痛みが引き起こされるという悪循環を生じます。 […]

タイトルとURLをコピーしました