睡眠時無呼吸症候群について

健康

睡眠中に咽頭や舌の筋緊張が低下すると、睡眠が乱れたり、いびきをかいたり、頻繁な無呼吸という重大な睡眠障害である睡眠時無呼吸のような症状が起こります。

睡眠時無呼吸自体は誰にでも起こる可能性がありますが、中でも10秒以上の無呼吸あるいは低呼吸が1時間あたり5回以上続く病態を睡眠時無呼吸症候群と言います。

睡眠時無呼吸症候群は、男性に多く、日本では5人に1人にものぼると言われています。

65歳以上になると、その割合はさらに増加します。

睡眠時無呼吸の症状

睡眠時無呼吸の症状は深刻です。

睡眠が中断されるだけではありません。

睡眠不足による日中の過度な眠気、早朝の頭痛、憂鬱、いらいら、性機能不全、学習記憶障害などを引き起こします。

最悪の場合には心機能に異常をきたし、命に危険が及ぶ場合もあります。

睡眠時無呼吸の種類

睡眠時無呼吸で最も一般的なのは閉鎖性睡眠時無呼吸です。

閉鎖性睡眠時無呼吸

閉鎖性睡眠時無呼吸は、主に咽頭部の物理的な閉塞から生じます。

肥満による顎、首、舌の肥大が原因で気道が圧迫されたり、肥満でない場合にも下顎が小さい場合や扁桃炎や鼻炎、副鼻腔炎などが原因になります。

中枢性睡眠時無呼吸

中枢性睡眠時無呼吸の原因は神経学的なものになります。

気道閉塞が伴わず脳の呼吸中枢に異常によるもので稀な睡眠時無呼吸です。

無呼吸時に気づかない可能性がある

睡眠時無呼吸症候群の患者の多くは、無呼吸時に完全には目覚めません。

そのため、自身が睡眠時無呼吸だと全く気づかない可能性があります。

その結果、昼間の異常な眠気や配偶者、友人からの注意ではじめて気づきます。

治療

肥満が原因である場合には減量を行います。

合わせて生活習慣の改善も図ります。

その他、重症度に合わせて睡眠中に装着するマウスピース療法、CPAP療法などを行っていきます。

特にCPAP療法により、症状の多くが直ちに回復し、より安らかな睡眠が得られ、昼間の眠気は減ります。
しかし慣れないうちには、不快感や閉所恐怖感などの理由で、次第にマスクを使用しなくなるという問題も抱えています。

パーソナルトレーニングではどう対応する?

パーソナルトレーニングでは、やはり体重の減少を念頭にプログラムを組んでいきます。

それに加えて舌の適切なポジショニングや本来の姿勢にもアプローチを行って、少しでもリスクを下げることを目標とします。

また基本的に部分痩せというものは出来ませんが、運動による皮膚張力の改善や姿勢改善による筋緊張の改善などを図ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました