雨や気圧による身体の不調や頭痛

痛み全般

天気が悪くなると体がダルくなったり、古傷が痛んだり、頭痛が起きたりということがよくあります。

古くから気象病と呼ばれてきたこの現象は多くの人が経験しており、一般には気圧のせいだと考えられています。

実際には気圧や天気はどのような影響を及ぼしているのでしょうか。

気象病とは

気象病とは、天気や気候の変化が原因で、疲労感、頭痛・関節痛、うつ症状、吐き気などさまざまな症状が出る身体の不調の総称を言います。

季節の変わり目や雨天の続く梅雨時期や急激な気圧の変化が起こる台風が増加する時期などに多発します。

この気象病は、気圧による自律神経の影響や、ヒスタミンが原因だとされています。

気圧と自律神経

人間の約70%は水分で出来ているため「圧」の影響を強く受け、わずか0.1気圧の変化にも敏感に反応します。

そのため、低気圧が続いたり気圧変動が頻繁に起きたりすると身体に不調をきたすことになるのです。

これは主に自律神経のバランスが乱れることが原因だと言われ、酸素濃度や内耳による気圧感知が関係しているとされています。

低気圧と酸素濃度

通常、晴れた日は高血圧であるため、地表付近の酸素濃度が比較的多い状況にあります。

反対に雨の日のような低気圧では、相対的に地表付近の酸素濃度が低下しています。

酸素濃度が低下した状態では、副交感神経が優位に働き、身体の活動性を低下させます。

この酸素濃度の低下や副交感神経の働きによって頭痛、脱力感やだるさ、眠気が現れます。

また低気圧では身体の種々の組織が膨張し、それによる血行不良や痛み、だるさなどが引き起こされます。

内耳による気圧感知

我々の耳の奥には、内耳という平衡覚を司る器官がありますが、近年の研究によると平衡覚だけでなく、気圧の変化を感知するセンサーも備えていることが分かりました。

内耳は脳と神経接続しており、気圧変化の情報を脳に伝えますが、これがストレッサーとなって、身体にストレス反応を起こします。

人間はストレス反応が起こると交感神経が優位になります。

交感神経が優位になると交感神経性血管収縮が起こり、頭痛や慢性痛症状が現れます。

ヒスタミン

低気圧環境に長く晒されると、ヒスタミンという物質が過剰に分泌されます。

このヒスタミンは血管拡張作用があるため、血管膨張による神経の圧迫を引き起こしてしまいます。

これが低気圧時に起こる痛みと関連しているようです。

対処法・改善法

気象病の原因となる気候自体をコントロールすることはできませんが、自律神経バランスを整えることや血流の改善を図ることが対処法として重要です。

副交感神経が優位な状態では安静にしたりストレッチしたりお風呂に入ったり、交感神経が優位な状態ではストレッチの他、軽いゆっくりとした運動も効果的です。

加えて日頃から栄養・休養に気をつけて適度な運動を行うことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました