スポンサーリンク
健康

トレーニング中と休憩中に音楽を聞いたほうが良いワケとは

ジョギングやバイクなどリズミカルな運動を行う場合にはテンポの早い音楽を聴くのが良いとされています。 トレーニングの休憩時間に音楽を聴くことで、その次の爆発的な力発揮を要するトレーニングでパフォーマンスが向上する可能性があることが示唆されました。
健康

クッション性の高いシューズは筋肉の損傷あるなし関係なくランニングパフォーマンスを向上させる

ランニング中、各ステップごとに体重の2〜3倍ほどの衝撃が加わります。アキレス腱の活動が活性化するほど自身の貯蔵エネルギーや筋の活動が節約できるため、同じ距離を走ったときの筋肉の負担や疲労感を軽減することができると言われています。
痛み全般

【痛みの悪循環】痛みがさらなる痛みを生み出すワケ

ひとたび痛みが生じてしまうと痛みそのものが独立し、さらにその痛みが動作にさらなるエラーを引き起こすという悪循環が生じます。 エラーは、①低負荷で動員される筋群の活動変化、②表層の筋群の活動変化が主に起こります。痛みを我慢できる限り強い力の発揮はあまり損なわれず、反対に弱く繊細で持久的な動きに対する脆弱性が出てしまうという事態に陥ります。
スポンサーリンク
痛み全般

【疼痛抑制】痛みにはEIHを用いてアプローチしましょう。

一般に人間の体内には鎮痛作用のある生理活性物質が存在しており、それらが痛みの信号を抑制することで鎮痛効果が期待できます。それらを活性化させることで痛みそのものを軽減させることができます。これは主に有酸素運動を用いて行います。
痛み全般

体は硬いほうが悪いと思われがちですが、実はそうじゃないことも。

根本的な動作エラーに関しては往々にして動かない部位をカバーしようと動きすぎる部位が生まれてしまうことが原因となります。 固い部位に対してトレーニング、ストレッチやマッサージなどを施したくなりますが、動かない部位の対側にある部位の動きすぎを制御するための運動が必要です。
健康

【シニア世代必見】高齢者でも筋肉はつくしタンパク質が必要

人間に限らず、動物は年齢を重ねれば重ねるほど、筋肉が衰え、再生能力が低下してしまいます。簡単に言うと、落ちやすく戻りづらい筋肉になります。しかし近年の研究では、高齢者の筋肉に問題があるのではなく、また高齢者であっても筋力強化が見込めることが分かっています。
痛み全般

【頭痛・疲労感・うつ】雨が降ると体調が悪くなる3つの理由

気象病とは、天気や気候の変化が原因で、疲労感、頭痛・関節痛、うつ症状、吐き気などさまざまな症状が出る身体の不調の総称を言います。 季節の変わり目や雨天の続く梅雨時期や急激な気圧の変化が起こる台風が増加する時期などに多発します。 気象病は、気圧による自律神経の影響や、ヒスタミンが原因だとされています。
健康

金縛りとは睡眠の乱れによって脳が作り出しているものだった

レム睡眠時には脳の視覚や感情を司る部位が強く活性化されるため、感情や視覚情報に富んだ夢をみるという仕組みです。 基本的にレム睡眠はノンレム睡眠に引き続いて現れますが、脳の抑制によって身体が動かない状況を認識できず、夢の記憶もおぼろげな状態です。
健康

神経が疲れていると感じている方はお風呂に入りましょう。

38〜40℃の微温浴とよばれる温度での入浴は自律神経のバランスを整え、入浴後の心地よい睡眠を促進します。 高温浴では神経疲労や胃酸過多に効果があるとされています。 日本人に多い長時間の高温浴は発汗による脱水や血液凝固を促し、脳血管障害のリスクを高める可能性があるので注意が必要です。
健康

「うちの子の走り方がおかしい!」って親御さん、安心してください

大人では問題視されるような姿勢や形態を子どもが呈しているからといって即座に問題であるとは言えません。 骨や関節は重力の影響を受けて成長とともに変形していくため、幼児期の問題にそこまでナーバスになる必要はありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました