健康増進

スポンサーリンク
健康

神経が疲れていると感じている方はお風呂に入りましょう。

38〜40℃の微温浴とよばれる温度での入浴は自律神経のバランスを整え、入浴後の心地よい睡眠を促進します。 高温浴では神経疲労や胃酸過多に効果があるとされています。 日本人に多い長時間の高温浴は発汗による脱水や血液凝固を促し、脳血管障害のリスクを高める可能性があるので注意が必要です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました